~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

著作権法の非親告罪化に伴う今後のアニメ感想記事の書き方について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんばんは、hineです。

いつも当ブログを見て頂きありがとうございます!

突然ですが、「著作権法の非親告罪化」って知ってますか?

著作権法の非親告罪化とは

今まで著作権に関して親告罪であったところを、非親告罪とする――つまり第三者である警察等の捜査機関が、被害者とされる権利者が告訴する気がなくとも公訴提起を行うことを可能とすることです。主に海賊版の取り締まりを目的とした法改正で、2018年12月30日から施行されます。

 

僕も「そんな法改正がそのうちされるらしい」ってことくらいしか把握してなくて特に気にしていなかったのですが……

この法律について僕なりに調べた上で、自分の考えを持ち以下の決断に至りました。

アニメ感想記事の書き方を改める必要がある!

僕が書いているアニメ感想記事に使用しているキャプチャ画像ぶっちゃけグレーゾーンであるということです。

アニメキャプチャ画像も立派な著作物。「そのアニメを盛り上げたい」という目的があるとは言え、僕がその著作物を多用して感想記事を作成している事実があります。

いやまあ「多分大丈夫なんじゃないの?」って思う方もいらっしゃるでしょう。

っていうかぶっちゃけた話、”多分大丈夫”なんです。

 

以下に添付するのはこの法案の概要ですが、「どういう場合で摘発されるのか」というと……

(政府が作成した概要にコミケって文字が普通に書いてあるの面白いですね)

現在親告罪とされている著作権等侵害罪について、以下のすべての要件を満たす場合に限り、非親告罪の対象とする。

①対価を得る目的又は権利者の利益を害する目的があること
②有償著作権物等(有償で公衆に提供又は提示されている著作権物等)について原作のまま譲渡・公衆送信又は複製を行うものであること
③有償著作権物等の提供・提示により得ることが見込まれる権利者の利益が、不当に害されること

 

とあるので、さすがにこのブログの感想記事が摘発されることは「まずない」と言って良いとは思うのですが……(抵触するとすれば①か②だろうか)

これは「摘発されるか否か(大丈夫か否か)」の問題ではなく「ブログ運営として適切か否か」であると思いました。

 

ことの経緯は、同じようにアニメ感想を書いている、僕がリスペクトしているブログさんがこの法改正を受けての対策を講じる記事を見て「あ、このままではダメだ」と感じたことから。

アニメの感想記事を書き、それを見てくださってる方々がいるブログを運営している身として動かなければならないと感じました。

っていうか正直リスペクトしているブログさんの姿勢があまりに真摯実直だったので、あんな眩しい聖人オーラを見てしまったらこっちも襟を正さざるを得ないよ…!

 

1枚や2枚のキャプチャ画像ならまだしも、僕は一記事あたり約50枚ほどの画像を使って感想記事を書いています。

なぜこうしているかと言うと「ストーリーラインをなぞって感想を書いたほうが細部まで感想や解説を書きやすい」からなんですよねー。

要は、他に書きやすい形を見つけられればそれで良いんですね。

 

今後は使用画像を減らしつつ「このへんかな」という妥協点というか最小公倍数的なものを模索しつつ感想記事を書いていこうと思います。

キャラクターを使って会話形式にする手法が実は割と手応えあったりする!

細々としたブログですが、これからも禁書三期を盛り上げるべく感想を書いていきますので、これからも当ブログをよろしくお願い致します!

以上、hine(@hine0612)でした!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.