~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

【アニメgif画像】はねバド!感想#12『足を前に出しなさいよ!』:まだまだ動くよ!やさぐれあやのん!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんばんは、hineです。

前回、インターハイ県予選決勝あやのんvsなぎさが始まりましたね。今回はその続きです。

今回も、動きます。

導入部

アバンにて、どうやらママンがあやのんの元を去ったのはあやのんの風邪が治ってからだということがわかりました。しかしママンは無慈悲にあやのんから離れていきます。

なんで、綾乃の前からいなくなったんですか

エレナちゃん、ずっと綾乃と居てくれたのね。ありがとう

質問に答えろォ!

ようやくここでママンの心境が語られます。あやのんがやさぐれる原因を作った張本人の言い分はいかに。

あの子は、わたしのためにバドミントンをやるようになってしまった

だから、綾乃から逃げたんですか?

エレナちゃんおこですよ。しっかり語ってもらいたいところですが、場面は試合の続きへ転換。

試合続き

シャトルの羽根は、左巻きにつけられてますわ。だから、サウスポーの打つカットスマッシュには、強いシュート回転がかかる。俗にいうクロスファイアー

なにそれずっこい!さすがだよカオルコちゃん!

まだ奥の手を隠していたあやのん。なぎさはそれに応じるため、パワー勝負に出ます。しかし……!

なっ……

あやのんのトリックプレーが炸裂!

やさぐれあやのんは可愛いなぁ!?

この主人公のこういうとこ、素っぽくて好きです(定期告白)。

酷い親だよね。親子の関係よりも、バドミントンを優先させたんだから。でも、あの子にも見て欲しかったの。強さの先に見える風景を

スポーツのプロとして生きていくことの辛さを解きつつ、それでもプロのスポーツ選手を目指すことの素晴らしさを解くママン。

でもそれとこれとは話が別だよ! このママン不器用すぎだろ!

わたしのやったことが、許されるわけじゃないのはわかってる。だけど、わたしは後悔してない。あの子は今、新しい一歩を踏み出そうとしている」

まあ、ママンなりの矜持ってもんがありそうですね。でも、あやのんとちゃんと話し合ってもいないのに「後悔してない」って言われても説得力に欠きますね。

新しい一歩というのは、ママンに依存しないバドミントンの道でしょうかね。

攻めの、姿勢!

返した!

あやのんのクロスファイアを前に出ることで返球するなぎさ!

しかしあやのんも前に出てのカウンター!第一ゲームはあやのんが取りましたね!

親父くさいあやのんも可愛いなぁ!?

僅差になりながらも第一ゲームを制したあやのん。あまりの踏ん反りがえった態度に、元気っ子先輩もビビってしまう始末。

第二ゲーム開幕

そして第二ゲーム。あやのんが攻め、なぎさが守るという、いつもとは逆のゲーム展開が続きます。

いつまでもスマッシュを打って来ないなぎさに対し、得意のクロスファイアでラリーを続けるあやのん。

 

 

しかし回転が甘く入ったカットになぎさが叫び、一転攻勢!

 

ここにきてなぎさの渾身のジャンプスマッシュ。これにはりこちゃん先輩も歓喜!

羽先の異様に速い返球速度は、普通の選手よりも前の位置でシャトルを捉え、返球できたからこそ。だが

足が前に出ないのならば、話は別だ

ガス欠……!

ここまで体力に余裕を持って突破してきたあやのんにも、やはり体力の限界が。やはり、いつもとは違うプレイスタイルを強いられている影響でしょうか。

キツい時こそ、足を前に出しなさいよ!

うるっさいなぁ……言われなくともそうするつもり……!

今回のタイトル回収!さすがだよ、カオルコちゃん!

負けていった試合相手が勝ち上がった相手を鼓舞する展開、熱くていいですよね

しかし流れは変えられず、第二ゲームはなぎさが取ります!インターバルに入りますが……

あやのん20歳くらい老けた……?

体力切れの上に追いつかれ、展開的には完全になぎさ優位の流れ。仲間にあたってしまうほどキツいあやのん。

試合、投げないでよ

わたしだって、決勝を戦いたかった。わたしだって、全国に行きたかった。あんたは、わたしたちの分も背負って戦ってるんだよ!

ほんとだよ……あやのんなんて、あやのんなんて……がんばれーッ!!

体育館に響いたそらちゃん先輩の声に続き、あやのんへの歓声に包まれる場内。一体なぜ会場中があやのんを応援し始めたかは謎ですが、まあ誰も面白くない試合なんて見たくないでしょう!

あれです、よく甲子園なんか見てると全然知らない高校なのに負けてる方を応援したくなっちゃうあの現象でしょう。

仲間っていいよな。でも、このコートに立ってるのはあたしとあんたで、他に誰も入れない。ここは、あたしたちだけの世界。やろうよ、バドミントン

やったー!あやのんの目に光が戻ったよー!!

雑感

いやぁ、あやのんの仕草を見てるだけで楽しいですね。

両者1ゲームずつ取り、いよいよクライマックスという感じです。それもそのはず、次は最終回ですね。

ママンの言い分には正直納得がいってませんが、最後に親子の対話があることに期待しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.