~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

【アニメgif画像】はねバド!感想#13『あの白帯のむこうに』:最終回、熱闘の末に

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんばんは、hineです。

インターハイ県予選決勝戦、あやのんvsなぎさ戦。お互い1ゲームずつ取った後のクライマックスです。

今回、ついに最終回です。

Aパート

初っ端から、怒涛のバドミントン描写が始まります!

 

 

gifで並べてみたけどやっぱり凄いな……臨場感あるカメラワークで、本当の試合を見ている時よりも魅力的に見えるかもしれませんね。

熱闘を繰り広げる二人。

右膝の怪我を押して渾身のスマッシュを放つなぎさに、必死にくらいつくあやのん!

シャトルの行方は……!?

ポイントを取ったのはなぎさ。劣勢に立っても、あやのんの表情には笑みが浮かんでいます。

今わたしがバドミントンをしているのは……なぎさちゃんに、勝ちたい!

お互いの力を認め合い、純粋に「勝ちたい」という気持ちで勝負を続けます。

試合はデュースにもつれ込み、互いがマッチポイントを奪い合います。

苦しい……

苦しくて……楽しくなってきた!

ああ……!

もう完全に通じ合ってるよこの二人……!ここまで長かったなぁ……。

ここからそれぞれのキャラクターなりのバドミントンを続ける理由が描写される演出がカットイン!

そして……

漢の涙ッ……!

やったー!!なぎさが勝ったー!!

第一話から続いてきた因縁を果たした瞬間ですね。なぎさがやっと自分自身に打ち克つことができましたね!

応援してたよなぎさ!お前が主人公だよ!

Bパート

 

ゆうちゃん、そらちゃん……応援してくれて、ありがとう

もう、キャラ変わりすぎでしょ……!

あまりに的確な元気っ子先輩のツッコミに、全視聴者が「せやな」と思った瞬間でしょう。

強くなったね。わたし、あんたに……

恨んでた。わたしには才能がないって、見捨てられたんだって、恨んでた。昨日、なんのためにバドミントンやってきたのって聞いたけど

今はわたしも、バドミントンが好き

デンマークに来ない?一緒にバドミントンやろうよ

わたし、まだここにいる。ここがわたしのスタートラインだから

今度はわたしが置いて行かれちゃったのかな

お母さん。今度打とうよ!

あやのんはママンを許したのかはわからないけれど、今はそのことよりもバドミントンの楽しさの方が勝っているんでしょうか。

眩しいあやのんの笑顔に母親らしい表情を見せるママン。

それでええんか?あやのん……

一緒にいてくれて……わたしを見捨てないでくれて……わたしをもう一度バドミントンに誘ってくれて、ありがとう

……うん

ほんまやで、あやのん!エレナちゃん大事にしいや!!

このアニメで一番いい女はエレナちゃんですね、間違いなく。徹頭徹尾あやのんの味方であり続けたエレナちゃんが報われるシーンが入って、本当に良かった。

 

場面は切り替わり、普段の練習シーンへ。

膝の怪我を診てもらったなぎさが帰ってきます。しばらくは激しい練習はできないとのことでしたが……

なぎさちゃん、早く打とうよ!なぎさちゃんはどうなの?

あやのんが容赦なく勝負をしかけてきた!▼

え、どうって……

わたしと打ちたくないの?

いや、それは……

そっかぁ、怖いんだぁ(笑)わたしと打つのが

迫真のズーム演出に草ァ!

やっぱこれだよこれ!あやのんはここがかわいいの!

ま、次やったらわたしに勝てないだろうしねぇ?」(チラッ

……やったるよ

このあやのんのしたり顔最高に好き。

相手がお前なら、ちょっと膝が悪いくらいが丁度いいしな

言ってくれるじゃん、なぎさちゃん

なぎさちゃんと、早く打ちたいんだもん!

白帯のむこうに見えるのは、いつだって、自分の心。

最後の二人のセリフです。このセリフの真意を考えてみると……バドミントンを通して、自分の素直な気持ちが見えてくる、とそう伝えたいのかな。

全体の感想

これにてアニメ『はねバド!』全13話が終了しました!

途中で震災の影響があり1話が放映延期になったこともあったりして大変だったみたいですが、とにかくアニメが完結して良かったですね!

このアニメの良さを語るとすれば、まず何といっても作画でしょうね。「かわいい女の子がぬるぬる動くバドミントンアニメ」ってだけで十分見る価値がありました。

ママンがあやのんから離れたことについてはもちろん全ッ然納得いってないんですけど、それはまた別のお話で。

そりゃこれが「母と娘の関係を主軸としたアニメ」なら超突っ込むところですけど、これはスポーツアニメですからね。主人公がバドミントンに固執することになった理由づけはやや強引であっても、本編のバドミントン描写が面白ければまあ目をつぶれるってもんです。

 

もともとは来たる来季アニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」をまとめるにあたって、ある種練習として採用させてもらった『はねバド!』ですが、毎話面白かった!よく動くアニメをgifを駆使して記事としてまとめるということに挑戦してみましたが、いかがだったのでしょうか。もう少しいい方法がないかと模索段階であります。

 

最後に、ここまで追ってきてくださったあなた様へ。ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.