~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

【アニメgif入り感想】はねバド!#3「アイツは完璧だった」:ママが離れた理由が明らかに

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんばんは、hineです。

注目のアニメ「はねバド!」第3話見ていきましょう!

開幕きゃわたん!

綾乃ちゃんは幼いころからママさんにバドミントンを教えられていたようですね。

「綾乃、バドミントン部やめたんだって?」
「みんな弱すぎなんだもん。別にいいの。お母さんもやめていいって」

綾乃ちゃんがバドミントンやめた理由は「周りが弱すぎるから」なんでしょうか?なんという強者の発言・・・!
もっと上を目指したいという気持ちはないんだろうか。1話で見た厳しそうなお母さんもすぐやめていいなんて言うんだなぁと意外に感じました。

「お母さんがいなくなった?」

まさかのお母さん失踪・・・!
あの美人のお母さんなら引く手あまただろうし駆け落ちか・・・!?(下品)

綾乃ちゃんに目がハイライトがないと某魔王さんを思い出してしまいますね。

OPのこのシーンの綾乃ちゃんも早く見てみたい。

「もうバドミントンはやらないの?」
「もっともっと楽しいこと、いっぱいあると思うんだ!」

エレナちゃんは小さい頃から綾乃ちゃんがバドミントンしてる姿を見てきて、急にバドミントンをやめた彼女に思うところがあるんでしょうね。

そして、時系列的には1話の最後の後かな?この覚悟の表情

「あんたはやっぱり、バドミントンやったほうがいい!」

そして綾乃ちゃんを強引に体育館へ引っ張って、バドミントン部へ誘うところでアバンが終了、と。
うーん、エレナちゃんは友達想いの良い子だなぁ。綾乃ちゃんがバドをやめた理由を知った上でやってるのか気になるところ。この強引さが後々綾乃ちゃんとの関係にヒビを入れることにならなければいいけど・・・。

何かキタ――(゚∀゚)――!!
これまでリアリティのある髪色の子しかでてこなかったはねバドだけど、この髪色・・・出る作品間違えてない?
しかもCVが下田だ!声の系統がろこどる(アニメ普通の女子高生がろこどるやってみた)のマネージャーのさおりさんみたいな感じだね。

しかもちょろいんだったー!!!

なんだろう、惚れっぽい性格ってだけで愛着みたいなもんが出てくるね。
やっぱりキャラ同士で恋愛感情の矢印を作ってみると、話が一気に面白くなる感あるなあ。

そして突然始まる綾乃ちゃんVSピンク髪

相変わらず動くねぇ!

ピンク髪は綾乃ちゃんに勝つと、そのまま帰って行ってしまいました。勝ちたかっただけかい!

綾乃ちゃんママの正体が明らかに。やはり天才だったか・・・。

これ地味にキツいなwww
回想で過去にピンク髪に風邪をうつされたと語る綾乃ちゃん。この影響でピンク髪との対戦は負けてしまうことに。

「――それいらい有千夏さんは帰ってこなかった」

えええええええええええええええええええええ!!

ピンクお前のせいかよ!wwwww

綾乃ちゃんが負ける姿を見て、ママさんは他の子のコーチになってしまったという。病気の娘残してどっか行くなんてかなりドライな人だなぁ・・・。

「羽先、バドミントンをやめるのはお前の自由だ。
だけど、私はあの試合以来、お前に勝つために練習してきた。
最後に1セットだけ、私と打ってくれ」

部長がバド部をやめると言う綾乃ちゃんに、勝負を申し込みます。

そしてバドミントンの楽しさを思い出した綾乃ちゃん&エレナちゃんは、入部届を提出。

なかなかええ話でしたね。
ママさんが離れていく理由っていうのが衝撃的だったけれども、ママさん側の心境が語られていないからまだなんとも言えないな。部長が勝負を申し込んで綾乃ちゃんを引き入れるっていう展開は熱かった。あと、エレナちゃんが良い子すぎる。部長に勝負を申し込まさせたのもエレナちゃんだしね。次回から本格的にバドの試合にフォーカスしていくのかな、楽しみだなあ。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.