~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

【アニメgif画像】はねバド!#5『一人じゃないよ』:あやのんのストレスがマッハ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんにちは、hineです。

前回はママン関係でコニーとの因縁が明らかになったはねバド!。試合の続きからですね。
(画像は全てクリックで高解像度ページへ移動します。)

第一ゲームは劣勢

インターバル以降、ショットへの反応が鈍くなってる。どうしちまったんだ、羽先?

お姉ちゃん……?

やはり前回ラストの「お姉ちゃん」発言があやのんに効いてるみたいですね。明らかに動揺するあやのん。

そのまま1ゲーム目を取られてしまうあやのん。コニー一人でしか戦ってないのにこれは痛い。

こんなもんか……。やっぱり、あんたなんて有千夏の子どもじゃない

もうやめて!あやのんのライフはゼロよ!
最近なんとかバドミントンの楽しさを思い出し始めていたあやのんだけど、ママ関連のことになるとメンタルぼろぼろになっちゃうなぁ……。この作品の大きなテーマだろうから、この問題は先まで続きそうだけど……あやのんが可哀想すぎる。

わかんなくなっちゃった……

綾乃ちゃん。一人じゃないよ

わたしじゃ頼りないかもしれないけど。辛い時、その気持ちを分け合えるのがパートナーでしょ?

パートナーの人ぉぉぉぉ!(名前なんだっけ……)
相手は一人だけれど、こっちにはダブルスなんだから仲間がいる!パートナーの一言によって、再びあやのんは目に力を取り戻します。あやのん落ち込むのも早いけど立ち直りも早いな!!

泉、羽先。次のゲームから、二人で守るのやめようぜ
ほう……?コーチがようやくコーチらしいことし始めたぞ!

スポーツ少女の健康的な体って眩しいよね……(一部位を見ながら)。

フレゼリシア側も休憩中。一人で試合を進めてしまうコニーへ、相方の多賀城さんもどうしていいかわからない様子。そこへキャップが歩み寄ります。

コニーのこと、支えてやって
あいつ、一人で余裕で勝ってるじゃないですか
……今のところはね

フレゼリシアキャップには他のことが見えてるのかもしれない。この後の展開が読めていたのか?このキャップも強キャラ感が凄いなぁ。

第二ゲーム開幕

あんな陣形、見たことねーぞ

僕はバドミントンは全然詳しくないんですが、やはりコート左側の陣形が一般的なんでしょうかね。コーチの作戦がお披露目されそうですね。

コニーの攻撃で一番厄介なのは、高い打点から打ち込まれるスマッシュだ。あれを攻略するために、二人の立ち位置を固定する。羽先、スマッシュを拾うことに集中するんだ。やれるか?

なるほど、あやのんの防御力を活かした作戦ってことですなぁ。あやのんの体力消費が凄そうな作戦だけれど、さて結果は?

綾乃ちゃん、ナイスコース!

控えめにハイタッチするあやのんかわいい

そして第二ゲームはリードしてインターバルへ!
孤軍奮闘する相手に対してチームプレーで勝っていく良い展開ですね!

そして今度は自分からハイタッチしにいくあやのん。かわいいかよ

仲間なんていらない。一人で勝って見せる

おや、コニー側にも過去に何らかの苦い記憶がありそう。劣勢に立たされた中で、何かが吹っ切れたのか、猛攻撃をしかけてくるコニー。

そしてついに逆転され、フレゼリシア側のマッチポイントに。

このゲームとろうね、綾乃ちゃん

勝たなきゃ、とどこか強迫観念のように追いつめられるあやのん。ここでの泉ちゃんの声かけも、もしかしたらその想いを加速させることになってしまったかもしれない。

こ、この顔はッ……!!

超反応でコニーのスマッシュを拾うあやのん!

多賀城が決めたーッ!!!

コニーの足の負担を鑑みた多賀城が最後にカットイン。キャップの言葉通り、コニーを支えて見せましたね。
あんな扱いを受けたのに最後までコニーを見捨てないこの子のぐう聖っぷりやばない……?
試合に負け、みなに労われるあやのんでしたが……

試合終了後、あやのんが……

わたし、負けてない。ガットが切れてなければ、勝ててたもん

そもそも、2対1で本気で戦えるわけないじゃん

あかん(あかん)

あやのん、そのモードはだめだ……悔しいからって今更そんなこと言っても言い訳にしか聞こえないやつだこれ……。

言い訳、しないでよ

ここで前回あやのんに何かしら含むところのあったそらちゃんがモノ申す!
ストレートすぎィ!

わたし、羽先さんのこと嫌いだった。やる気なさそうにしてたのに、才能あるからって期待されて。部活に来なくなったら、みんなに心配されて

そら本気でバドやってる側としたらあやのんの姿は嫌味に見えてしまうだろうなぁ……。
そらちゃんはそんなあやのんの姿を見ててずっとフラストレーションが溜まってたんでしょうな。

でも、かっこよかった。さっきの試合。だから言い訳なんてしないでよ

この子もええ子やんけぇ……!
このアニメ、マネージャーのエレナちゃんといい、多賀城ちゃんといい、サブキャラにいい子が多すぎる……!

一方コニーのほうも、勝手に一人で試合を始めたことに少なからず罪悪感を感じている様子。

わたし、あの子に酷いことしたかも
あの子?
……多賀城

シリアス雰囲気どっかいったー!!

いいですわゾ~!!
っていうかフレゼリシアのキャップ可愛いな……志波姫さんか、名前を覚えてこう。

でかいのしかいねぇ!!薄々感じてはいたけど、この漫画の作者おっぱい好きすぎない?

こっちもいいですわゾ~!すっかりそらちゃんに懐いてしまったあやのん。(やっぱりこの子ちょろい

あなたは、わたしのお母さんのこと知ってるの?

有千夏は、わたしのママだよ

こ、この写真は……!

第一話の冒頭であやのんが泣きながら見ていた雑誌に載っていた写真ですね。
いかんいかん、またあやのんの精神ストレスがマッハになってまう!!

ショートヘアも悪くないでしょ?

むしろショートのほうが可愛いよ!!

仲間ができたって結局、ママに認められなきゃ、バドミントンやる意味ないでしょ?

それは違うよ!

あやのんもコニーもすごいママンに依存してるなぁ……ママンにバドミントンで認められることが、二人のアイデンティティになってしまってるね。ママン罪作りすぎないですか……。

お母さんなんて、もういらない

結局闇堕ちだーッ!!

雑感

終始あやのんの気持ちが揺さぶられて、結局マイナス方面へ振り切れてしまった今回。この闇はエレナちゃんでも払拭できなさそうだよ……だれかママン呼んでーっ!!
これからあやのんがバドミントンと、そして自分とどう向き合っていくのか。部活のチームメイトと切磋琢磨するなかで、果たしてバドミントンの楽しさを思い出せるのか。今後の展開に注目です。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.