~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

感想マンガとある科学の超電磁砲15 ネタバレあり 竜とニンジャとグローブと

2020/11/14
 

この記事を書いている人 - WRITER -
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

 

※この記事は漫画「とある科学の超電磁砲15巻」のネタバレを含みます。ご注意ください。

 

こんにちは、hineです。

読み終えました、漫画「とある科学の超電磁砲15」!

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

あ、嬉美の髪は水色だったんですね。(勝手なイメージで赤だと思ってた……)

初春がめちゃくちゃヒロインしてる表紙いいですね!

佐天さんが必死に伸ばしている右手を今にも茶寮さりょうが切り落とそうとしている風に見えるような……。

 

さて、民営少年院主催の『脱獄トライアル』が開催され初春が優勝を果たした前巻。

しかし脱獄した嬉美という少女率いる怪しい組織に初春が目をつけられ――!?

獄門開錠ジェイルブレイカーの2巻目、物語はどうなっていくのか。流れに沿って感想を述べていきます。

攫われた初春飾利

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

親方!空から竜が!

©冨樫義博/集英社

腕に竜を宿すとか一回やってみたい!!

そんな男のロマンが詰まったことが自分の身に起きたという嬉美。

前巻で披露した竜は嬉美の能力ってわけではなく最近宿ったものだったのかー。

ん、待てよ?

これってもしやタイミング的に大覇星祭で上条さんの中の竜が暴れまわったことと関係しているのでは……!?

 

回想から始まった今巻、次の場面では青星君が雷斧らいふ茶寮さりょう(釣鐘の下の名前ですな)の前で計画の確認をします。

第一の目的は嬉美の脱獄。

第二の目的は優れたハッキング能力を持つものの選別。

なるほど、脱獄トライアルにはこれら二つの目的を果たす意味があったというわけです。

雷斧がハッカー以外の強者を剪定し、もし誰も嬉美を脱獄させられない時のため、保険として茶寮の知り合いを投入する算段。

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

 

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

おのれ邪鬼王!

竜に忍者と言えば忍者龍剣伝を想起した方も少なくないはず!(古い)

っていうか青星君は鈴姉って呼ばれてるんですね。本名なんなんだろう。

自分だけの現実パーソナルリアリティを育てる学園都市内では中二病はむしろ自然なことというか、むしろあったほうがいいものなんじゃないかと思うのですが、どうでしょうか。

 

 

さてシーンは切り替わり現在へ。

四人は優れたハッキング能力を持つ初春を狙い行動を開始します。

 

ある夜、初春と佐天さんが電話をしていると初春宅にお客さんが。

対応するため「またかけ直しますね」と言う初春ですが――時間が経ってもかけ直しがないことを怪しんだ佐天さんが美琴と黒子に相談。

賞金目当ての何者かに襲われたのでは!?という心配です。

なるほど、宝くじ高額当選者のその後は金目当ての人間が群がってきて大変、という話はよく聞きます。

そういう意味では初春の「10億円全額寄付」っていうのは身を守るためにも非常にクレバーな選択ですよね。

 

で、初春宅に行ってみると案の定本人がいない。

垣根帝督の時といい、初春は最近災難が続くなぁ……。この子戦闘の能力は低いんだけれど意外と度胸があったりサイバー能力が高いから事件に巻き込まれやすいんですよね。

美琴が監視カメラの情報からある一両の車が東のほうへ向かったことを突き止めることに成功。

黒子が先行して追い、その車両を発見しその走行中の車の上へ着地。

そこへ――

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

戦闘開始!黒子の右ふとももが際どォい!!

忍者の背後からの奇襲を察知して避けるって黒子の体術も並外れたものがあります。

何気に「走行中の車上での空間移動テレポート」の演算って難しそう、と思ったけれど一瞬で演算を終えられる黒子なら朝飯前なんでしょうね。

黒子が空間移動テレポートを避けられるっていう描写はもしかして初めてでしょうか?

黒子に足を狙われたことを茶寮が察知して身を引いたんでしょうか。それとも、忍者の里の出だけど茶寮も能力者……?

 

追いついた美琴が鉄線を操って車を止めることに成功。

嬉美が車から出てきて応戦します。

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

邪王炎殺黒龍波ッ!!(画像略)

なんか全く科学畑のものとは思えないデザインなんですがー!!

両目の個所を手と思しきもので覆ってるし、なんか十字のものが額にあってすごく魔術的デザインの竜ですよね。

 

この竜からあの時――大覇星祭での上条さんの腕から出てきた竜の一件を思い出す美琴。

まるであの内の一匹のような。

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

ん?

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

っていうかまんまあの竜だーッ!!

上条さん飼ってる生き物くらいちゃんと管理してください!!!

 

え、あの時(大覇星祭)腕から出てきた竜って逃げ出してましたっけ……?

(……筆者とある科学の超電磁砲T13話を見直し中……)

あー……。

雷神美琴をとっちめて空を晴らした後ドラゴンたちはスゥッと自然に消えていきましたが……この時逃げ出していたってことなんですかねえ。

そんなポケモンを1匹逃がすような手軽さでいなくなっちゃうものなんです?

しかも嬉美が操っているところを見るに上条さんでしか操れないもの、っていうわけでもないっぽい。

 

……あれ?

そしてそして、確かこのドラゴンはAIMジャマーの干渉を受けて表に出すことができなかったんですよね?

つまり、AIM拡散力場を発生させている=超能力開発によるもの、ということになるのでは。

中条さんって超能力だったの?

 

そしてさらに、アニメをよく見てみると他のドラゴンが美琴の黒い塊に噛みつく役割であるのに対して、嬉美に就いたドラゴンだけ中に突っ込んで浄化?させているように見えるんですよね。

今原作で絶賛謎が深まり中である神浄の討魔にも関係することなんでしょうか。超電磁砲の原作も見といてよかったー。

 

さあ、嬉美が召喚した竜に対して美琴はあのドッペルゲンガー戦で披露した砂鉄の巨人↓を召喚するも、竜に無効化されてしまいます。

©2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT-RAILGUN T

竜の突進をすんでのところで黒子が救出に入り難を逃れ、二手に分かれた車両を美琴と黒子も分かれて追うことに。

スポンサーリンク

御坂美琴 VS 雷斧

第十一学区、学園都市の境界壁付近。

美琴を待ち構えていたのは……

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

あらかわいい。

この子は『脱獄トライアル』にも参加し「ハッカー以外の強者を剪定する」役目だった雷斧ですね。

初春がここにいないことがわかりその場を去ろうとする美琴に、「逃げるならこの人を殺しちゃいます」と仲間であるはずのモヒカンを人質に取ります。

その言動に激高したモヒカンが彼女に銃を向けるも……

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

イダァイ!!

雷斧の顔めがけて撃ったはずの銃弾が自分の足に命中。

これは、まさか反射?

今の光景からかつての因縁の敵、第一位のベクトル変換を思い出してしまい手を震わせる美琴。

ここに上条さんはいない。(っていうか今回ばかりは竜が逃げ出したのは上条さんのせいっぽい……)

でもやるしかない。初春の命がかかっているかもしれないんだから。

 

御坂美琴 VS 雷斧が開始。

雷斧は美琴の攻撃を避けつつも駐車場の車のガソリンを漏れさせ大爆発、火事を引き起こします。

そう、有事の際学園都市から派遣される最新鋭の無人攻撃ヘリ――六枚羽を呼び出すために。

 

戦闘を進めていくにつれて、雷斧はどんどん布石をうてていると余裕の表情。

開戦時13%しかなかった勝率は53%まで上がっている、と。

美琴が超電磁砲で六枚羽を打ち抜いたところで68%。

©許斐剛/集英社

こ、これはデータ〇〇〇……!?

着実に美琴のデータを集めていた雷斧は、なんと美琴の超電磁砲を利用してそれをそのまま返すという荒業をやってのけます。

雷斧が考えた対超能力者レベル5の戦い方はその強い力を逆に利用してやるというもの。かしこい。

 

なんとか直撃は避けるも美琴は頭から流血する怪我を負ってしまう。

いやぁ超能力者レベル5をここまで追い込むってかなりの戦果ですよ。

 

しかし、美琴も気づくことができました。

雷斧の能力に。

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

はえー重力操作。

げげ、重力操作の能力だけでこれまでのことをやってのけたってことですか。

至近距離の銃弾の方向すら捻じ曲げられるほどの重力操作って、かなりの出力と指向性を持ってますね。

こういう高位能力者が出てくるとやっぱりワクワクが止まりません。

 

近接格闘の末、美琴の胸を切り裂いたように見えた(そこを切り裂くなんてとんでもない!)が……なんと切り裂いたのは塵で出来た虚像。

つくづく美琴の能力応用性の高さを感じさせられます。

返す刀で電撃を浴びせ、さらに迫ってきたところを上段蹴りでノックアウト。

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

学園都市に自分をヒーローと自称する者は多かれど、本物のヒーロー・・・・・・・を知っている者はみな「自分はヒーローなんかじゃない」と謙遜しますよね。

この雷斧という女の子。

冷静にデータを集めるクールなキャラかと思ったら、なかなか熱いキャラクターでした。

だって、最後に電撃を浴びて能力使用の演算さえできない状況――本人が勝率0.03%と断じる中でもニィと笑って最後の力を振り絞ったんですよこの子。

能力の出力的にも大能力レベル4相当はありそうですし、使い捨てるにはまたもったいないキャラが出てきましたね。

白井黒子 VS 茶寮

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

あれ、茶寮すごく可愛くなってないっスか?

結んでた髪を下すとすごく女の子っぽくなって可愛いっス!

 

一方その頃、追っていた車両を発見した黒子は、茶寮からの奇襲を受けます。

忍者である茶寮の身体能力に驚く黒子はその洞察力から茶寮の能力がAIM観測能力であることを見抜きます。

AIMが拡散する力場を観測することによって、能力の先読み――空間移動テレポートされる座標すら判別できると。

 

しかし歴戦の猛者黒子。

相手が先読みしてくることを利用して、そこに空間移動テレポートするとフェイントをしかけて近接攻撃。

虚を突かれたにも関わらず殴られると同時に刀で黒子の腹を切り裂く茶寮もかなりの腕。(保険に腹にコンクリ板を忍ばせていた黒子もさすがっス)

 

殺してもらうために甲賀を裏切ったという茶寮。

人間生まれ方を選べない分、死に方くらいは選びたいと。

願わくば切り離された自分の胴体を目に焼き付けて逝きたいと。

そんな願望を聞いた黒子の表情がコレ。

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

なに言ってんだこいつ……

「理解に苦しみますわね」と当然の反応。

じゃあどんな死に方が良いのかと逆に問われた黒子の解答は……

(♪~黒子変態のテーマ)

病に冒され余命幾ばくもなく

最後に思い出をと申し出るも

わたくしの身体を気遣って躊躇するお姉様

でも最終的にわたくしの真実の愛に折れ……

生まれたままの姿でしとねをともにすることに……

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

もほぉ!!

ここ読んでてお腹痛かったー。戦闘中になにやってんねんキミら!!

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

鼻つっぺがなかったら本当に画になるツーショットシーンなのになぁ……!(笑)

 

黒子は茶寮の毒刀を、茶寮は黒子の空間移動テレポートを警戒しながら戦う二人。

途中ムカデが落ちてきて「きゃあ!?」と女の子みたいな声出す茶寮めちゃくちゃかわいいっス!!

 

繊細デリケートな演算を要する空間移動テレポートに対し、あえて空間移動テレポート予定範囲へ攻め込むことで黒子の意表を突き、多段的なフェイントを入れつつ接近する茶寮。

いやぁ、もう死闘。

一瞬の隙で簡単に命を落としてしまうようなハイレベルな戦いが繰り広げられてますよこれ。

ついに黒子は毒刀で手を数cm切られてしまいます。(黒子の傷増えすぎィ!)

 

しかし。

なんと風紀委員ジャッジメント特製の塗り薬を自らの血管に空間移動テレポートさせ血を止めることで痺れ薬の回りを遅くします。

うわえぇ……とんでもない策。っていうかそれめちゃくちゃ痛そう。

これをうめき声ひとつ漏らさずやってのけた黒子に対し、茶寮は「ちょっとだけ貴女になら殺されてもいいかもって思い始めてるっスよ」と賛辞なのかよくわからない言葉を投げかけます。

 

その後カメラのタイマーシャッターを利用した目くらましで隙を作り毒刀を奪い――茶寮を切り付けて見事勝利。

美琴の超電磁砲を利用した雷斧と、茶寮の毒刀を利用した黒子という対比が効いていて面白いですね。

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

その戦闘の行く末を見ていた近江手裏。

どうやら茶寮は『暗闇の五月計画』に関係していた、ということを突き止めた手裏。

そのことから学園都市の技術を忍術に取り入れることはリスクが大きすぎること、そのリスクの大きさを身をもって証明したのが茶寮であること、そして茶寮がもはや学園都市の人間であることを加味して、彼女の処分は学園都市の法に委ねるという決断をしました。

後の小説原作のほうで出てきた手裏は学園都市の異能を忌避する描写(新約4巻P96)がありましたけど、こういう経緯があったんですね。こう繋がるのかぁ。

そして、茶寮もあの計画に関わっていたんですなあ。

『暗闇の五月計画』は置き去りチャイルドエラーを使って第一位の演算パターンを参考に自分だけの現実パーソナルリアリティを最適化する計画ですが、この様子だともしかしたら雷斧や嬉美も関わってそうな感じしますね。

佐天涙子の暗躍

えーと……なんかコレくらいの銀色の筒があって

中からピッピッて音がするから慌てて投げ捨てたら

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

え、なにこれかわいい。

冒頭で美琴の超電磁砲と嬉美のドラゴンがぶつかった時の騒動について、駆け付けた警備員に「わたしがやりました」とうそをついて件の第二少年院にやってきた佐天さん。

なんかこの佐天さん年相応のしぐさって感じでめんこいですなぁ……。

 

佐天さんがなぜわざと警備員アンチスキルに捕まったのかというと……初春は第二少年院に囚われてるんじゃないか?という推論からですね。

嬉美たちと一緒にいた不良3人はATM強盗犯として2か月も前に逮捕されていたはずだった。しかし、なぜかあの場にいた。

つまり――第二少年院自体がグルである可能性を黒子が示唆しました。

 

佐天さんの二転三転する供述を嘘発見器ポリグラフは「無害な嘘」と判定し、夜も遅いことから佐天さんはとりあえず宿直室で泊まっていくことに。

ここから佐天さんのスニーキングミッション開始です。

なんとか警備員棟の屋上までやってきた佐天さん。

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

落ちれば四階という高さから地面に叩きつけられ死亡確実

美琴や黒子の到着を待ったほうがいいのか――いや、AIMジャマーがあるこの場所じゃレベル差なんて関係ない、と。

それでも足の震えが止まらない佐天さんが思い出したのは――

 

――結局足手まといにしかならない無能力者も

――命を投げ打つ覚悟があるなら立派な戦力ってわけよ!

フレンダの言葉がここで活きてくるってエモすぎませんか?(雑コラを晒しながら)

フレンダは人の心の中で生き続けるんやなって……

 

自分には正義のことはよくわからない。

黒子や美琴のように自分の確かな正義を持って実行できる人間はいる。

けれど、初春はちょっと違う。

正義に憧れて、正義でありたいと思う子だ。

がんばって、危険な目にも、痛い目にあって、それでも正義であろうとする初春を

悪いことに利用するのは許せない!!

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

跳んだあああアアアッ!!!

しかしやっぱり飛距離が足りない。

が!

なんたる因果か、脱獄トライアルで警備ロボの中に入れておいたニンジャ吸盤グローブを警備員棟で回収していた佐天さんはスパイダーマンよろしく壁に張り付いて看守棟に忍び込むことに成功!

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

おっぱああああああい!

がんばれ佐天さん!

AIMジャマー下でこそ無能力者は輝くんだってことを証明してくれ!

読み終えての雑感

©鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA

今回の章の最かわ候補がもう決まっちゃったっス。髪下ろした茶寮っス。

 

いやぁ面白かった。ページをめくる手が止まらないとはまさにこのこと。

黒子の戦闘シーンってのはなんでいつもこんなにワクワクするんだろう。

あれですよね、基本空間移動テレポートってめちゃくちゃ強いじゃないですか。

極論、虚を突いて相手の頭部に物質を空間移動テレポートさせちゃえば一発で終わりですもん。

だから話の都合上、黒子と戦う相手はいつも簡単に倒すことができないかなりの手練れになっちゃうんですよね。

例えば本人は身を隠して人形を操る遠隔操作タイプの警策看取とか。今回は空間移動テレポートを予知してしまう茶寮とか。

簡単に空間移動テレポートで処理できない相手を毎回相手にするから、すごく見ごたえがあるんだと感じます。

 

あとあの佐天さんの初春を救うために命を投げ打つ覚悟。

シビれました。いくらグローブがあるからといって、そもそも壁に張り付くほどの飛距離が出なければ即死亡ですもんね。すごい胆力ですよ。

獄門開錠ジェイルブレイカーも次で3巻目、まだ嬉美らの目的が明かされていませんが初春を利用して成し遂げたいこととはなんなんでしょう。

 

16巻を楽しみにしつつ、今回はこのへんで筆を置かせていただきます。
乱文失礼しました。
次巻でお会いしましょう、ありがとうございました!

 

関連漫画記事
>>感想マンガとある科学の超電磁砲14 ネタバレあり 獄門開錠編、開幕。
>>感想マンガとある科学の超電磁砲16 ネタバレあり 春暖嬉美の能力とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2020 All Rights Reserved.