~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

ポケモンUSUM シーズン10 最高レート1816:積みサイクルギャラアーゴ構築 シングル

2018/07/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんにちは、マンタインサーフのせいで3Dスティックがぶっ壊れたhineです。

突然ですが、僕は趣味でポケモンのシングルレート対戦もちょこちょこやっております。
USUMではシーズン1の時に少しやったくらいでしばらく離れていたのですが、なんとなしに再開したのがたまたまシーズン10の始まりだったので「せっかくだし2か月間頑張ってみるか」と思い立ち、暇な時間を見つけて潜っておりました。
そして今回自己ベストを更新できたので嬉しくて紹介したいと思います。

USUMシーズン10 最高レート1816

ラティハッサム構築やクチクレポリ2構築、カバリザ構築など色んな構築で100戦ほどずつ潜りましたが、結局この「レベルを上げて物理で殴る」ギャラアーゴ構築に落ち着きました(笑)。
画像では気分でツボツボに変えていますが、1800付近に上げるまではずっとカバルドンでした。
アローラキュウコンかカバルドンで起点を作って、後は後続で舞って火力を押し付けるだけの非常にシンプルな構築。火力を上げられること、技範囲が広いことの他に素早さを上げられて抜き性能を高められることを重視してこの4匹を選びました。

パーティ紹介

アローラキュウコン@きあいのタスキ おくびょう
実数値(努力値) 149(4)-x-95-133(252)-120-177(252)
ふぶき ムーンフォース わるだくみ オーロラベール

起点作り役その1。相手にすなおこし持ちがいない場合は必ず選出していました。わるだくみはアンコールと選択で、壁ターン消費の時間稼ぎをされたくなかったためわるだくみを採用。あくまで気休め程度で、結局鋼タイプにはめっぽう弱いのでアンコールでもよかったかもしれない。Sの振り方はぶっぱ。236に留めてHに振る人も多いけど、ミラー対面と同族の109族にカミツルギが重めなので最速にしました。副産物として調整してるジャローダを抜けたりもしたので正解だったと思う。アイヘひるみはやめてね。選出率は第二位。

カバルドン@オボンのみ しんちょう
実数値 215(252)-132-145(52)-x-129(204)-67
じしん あくび ふきとばし ステルスロック

起点作り役その2。環境に多いメガリザードンYの特化ソラビを確定で耐えて最低限の仕事はこなすようにした型。オバヒは乱数(50%)で落ちるけどそれはそれで起点になるのでOK(おくびょうなら確定耐え)。キノガッサがいるパーティには絶対選出しなかったのとコケコやレヒレなどあくびループが効かない相手にも選出は控えた。大抵は安定して2回は行動してくれる頼れるカバさん。選出率は第四位。

ギャラドス@ギャラドスナイト ようき
メガ前実数値  171(4)-177(252)-99-x-120-146(252)
メガ後実数値 171-207-129-x-150-146
たきのぼり かみくだく じしん りゅうのまい

メガ枠その1。間違いなくこのパーティのエース。積みサイクルの天敵であるミミッキュを無振りなら1舞たきのぼりで確殺してくれる神ポコ。今のミミッキュ環境において、積みサイクルにかたやぶり持ちは必須だと思う。1舞で130族は抜きたかったからようきにしたけれど、火力不足を感じることはあまりなかった。最終手段たきのぼりひるみは最強。選出率は堂々の一位。

アーゴヨン@ドラゴンZ おくびょう
実数値 148-x-93-179(252)-94(4)-190(252) ※DL対策
りゅうせいぐん ヘドロウェーブ だいもんじ わるだくみ

有名なギャラアーゴ構築のギャラドスのお供。舞ったポケモンの処理なんかをスカーフ持ちに任せているパーティにはビーストブーストでSを上げてスカーフの上から返り討ちにする強ポケ。起点さえ作ってしまえば技の打ち分けができるスカーフゲッコウガみたいなもんか。わるだくみ流星群でも足りない場合はドラゴンZをぶっぱなせる点もグッド。選出率は第三位。

バシャーモ@バシャーモナイト いじっぱり
メガ前実数値 170(116)-189(252)-90-x-90-118(140) 無加速で準速80族+6 ,1加速で135族抜き
メガ後実数値 170-233-100-x-100-138
フレアドライブ ばかぢから かみなりパンチ つるぎのまい

裏エースのメガ枠その2。こいつに抜群がとれる敵が相手パーティに少ない時に鬼の強さを発揮した。とびひざじゃなくてばかぢからなのは、呼ぶミミッキュに透かされて自傷したくなかったから。抜き性能が下がるばかぢからは役割的に微妙に見えるけれど、剣舞のおかげで火力不足を感じることはゼロだった。苦手とする水タイプにもA160から繰り出されるA2段階上昇のかみなりパンチで楽々突破できる。環境にマリルリが少ないので動かしやすかったっていうのもあるかな。選出率は第六位。

カイリュー@ヒコウZ ようき
実数値 167(4)-186(252)-115-x-120-145(252)
げきりん じしん そらをとぶ りゅうのまい

相手にステロ持ちがいない場合は必ず仕事をしてくれるマルチスケイル。「あと1匹はなんでもいいな~じゃあカイリューにしとくか」って感じで出すことが一番多かった。結果スカーフテテフの一貫したサイキネを耐えて反撃してくれたりと選出した時は活躍してくれた。選出率は第五位。

色んな構築で700戦ほど潜ったけれど、正直このパーティが一番何も考えなくてよくて楽だった。
アローラキュウコンが呼ぶメガメタグロスや積みサイクル構築が呼ぶミミッキュにメガギャラが強く、特性いかくもあるしすごい使いやすいポケモンだった。

重たいポケモン

メガメタグロス
アローラキュウコンに対し上からアイヘでひるませてくる犯罪ポケモン。バレパンは許す!このパーティに出てくるこいつは当然1つの例外もなくようき最速だった。

イーブイバトン+エーフィ
こいつらが重くないパーティって逆になんなのって感じだけど、見せ合いでイーブイが見えた時点で5割くらい諦めてる。

ウツロイドを初めとする岩タイプ(etc.メガバンギラス)
岩の一環がヤバいのでカバがいないと崩壊する。ウツロイドはスカーフ持ちが多いのが本当にキツかった。

ミミッキュ
大正義ミミッキュ。積みサイクルを使うならこいつ対策は必須。今回の解答はメガギャラで突破だけど、連続技持ちのパルシェンとかもいいかもしれない。

レート1800以降の壁

正直このポケモンたちの育成論は自分で考えたものでは全然なく、かなりメジャーな型しかありません。
ここより上のレートを目指すには、もう少し潜って自分なりのオリジナリティーを持ったポケモンを考え出す必要があるのでしょう。しかしそれに挑む前にシーズン期限がきてしまいました。

とりあえず、今までの自己ベスト1812を超えられたのでよしとしましょう。次こそ1900へッ・・・!

追記:シーズン10の雑感とシーズン11に向けての対策をまとめてみました。>>ポケモンUSUMシーズン10環境の傾向や感想:レート700戦した僕の雑感

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.