~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

コンサータ服用1日目

2019/02/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんにちは、hineです。

さっそく今日から、昨日医師から処方されたコンサータを服用してみました。

最初に所感を端的にまとめてみた

1.高揚感・全能感がでてくる ←これがスゴイ

2.尿意が近くなる

3.食欲がなくなる

4.頭痛と体のだるさがある ←これもスゴイ・・・

以下、時刻ごとのリアルタイムの感想

9:00 起床し、何も朝食は摂らずに、1錠(18mg)を水で飲みました。

その後2時間ほど何も変化はなく、コーヒーを飲みながら家でだらだら動画を見てました。

11:00 なんとなーく、気分がざわついてきたのを感じます。体調に何も変化はないけれど、なんだかテンションが上がってきたというか、高揚感が出てきたのです。

実はこのブログの更新をしようと思い当たったのもその時の、「よっしゃやったろ」感のおかげです。

12:00 中途半端にしていたブログ開設作業をしていると、だんだん寒気がしてきました。

僕の家はだいたいいつも寒いので気にはしてませんでしたが、今考えたらその後の体調変化の予兆だったのかも。

寒気が強くなってきて、同時に胃がムカムカして、ほんの少しだけ吐き気のようなものを催します。このへんで「あ、いつもの寒気じゃないな」と気付きます。でも気分は高揚したままなので、「なんだこれwwwなんだこれwww」と思いながらなんとなく部屋を一周してみたり。

と、ここで一度尿意を催したのでお手洗いへ。(いつもより尿の色が薄かった)

12:30 貧血のような痺れが頭を襲ってきたので、ちょっとストーブの前で座って落ち着きます。

14:00 気持ち悪さが引く(相変わらず冷え性で手はひえっひえ)

14:20 また尿意を催したためお手洗いへ。ちょっとびっくりしたことに、尿の色がまったくの透明でした。利尿作用があるんでしょうか。

14:48 お?なんかすごい。なんかすごいやる気が沸いてきた。いつもはブログの更新をする気は起きないのに、手が止まらない感じ。抽象的で申し訳ないけど、「なんでもやってやる」感がある。とにかくやる気がある。

15:06 また寒気が襲ってくる。お腹のあたりが熱くなってきて、それに伴い体が自然に震えだす感じ。気持ち悪さはないけど、手足が震えてタイピングしづらい。

15:34 震えが止まってくる。また尿意を催しお手洗いへ。(さっきよりも色はあるが、やはり薄い)

18:30 近くのスーパーへ買い物に出かける。妙にふらつき、動悸がする。

今日はずっと家でPCと睨めっこしてて気付かなかったけれど、外出してみると自分の身体のダルさを実感しました。
気持ち悪さはないんだけれど、運ぶ足や振る手が重たい感じ。

21:00 この時間になって初めて、食欲がないことに気付く。それまで僕が飲食したものは朝のコーヒー1杯のみ。普段はそんなことなく普通にお腹が空くので、これはコンサータの影響と言えるでしょう。

全く物が喉を通らないわけではなかったので、なんとか頑張って夕食を食べる。

22:00 軽い頭痛、発熱したときのような耳の熱さを感じる。

翌0:30 軽い頭痛を覚えたままベッドに入る

翌2:00頃 徐々に頭痛が鈍く強いものに変わるのに耐えながら就寝

まとめ 全体的な感想

一番個人的に衝撃的だったのは、効果が出始めてからの「ポジティブシンキング」ですね。

前述では高揚感・全能感という言葉を使いましたが、まさにそんな感じで、未来の展望を何の不安もなく想像できるというか。外出時車を運転していた時も、「今日始めたブログもこれからどんどん閲覧数増やして発信力つけれるな!」って本気で思えてました。

しかし効果が効き終わる服用から12時間後、21時くらいから「いやそんな簡単にいくわけないじゃん・・・」「将来どうしよ・・・」ってな感じで不安に駆られましたね。昼間の考え方が嘘のようでした。

一見後半の言わばネガティブな考え方のほうが現実を直視できている感がありますが、正直「人生の成功者」となれるのは前半のポジティブな考え方の人間だと思いましたね。だってあのバイタリティで何事も行動することができれば、いつか必ず成功に繋がると思いますもん。

終盤の頭痛の副作用はなかなか辛いものでしたが、それを吹き飛ばすくらいにはたしかなコンサータのメリットを実感したので、明日も飲もうという決意を胸に眠るのでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.