~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

コンサータを飲んでわかったこと:一番の敵は「怠惰」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんにちは、hineです。

あなたにとって、人生の成功に一番必要なものはなんですか。

お金でしょうか? 家族や友人でしょうか? 愛する配偶者でしょうか?

僕は「周りからの承認」です。

では、それを得るために一番必要な人間の特性はなんでしょうか?

思慮深さ? 優しさ? カリスマ?

僕は「行動力」だと思います。

行動を起こすことができれば、何かしらの結果を得る。結果を得られれば、フィードバックができる。フィードバックができれば、成功に近づく。その行動によるリスクを考えなければ、「何も行動しない」人間はおバカさんです。

そう、ADHDはおバカさんなのです

語弊を招きそうなので、言い換えましょう

ADHDは「おバカさん」を脱する手段を頭の中に持たないのです

コンサータを飲んで、僕は行動力がぐんと増しました。

これが正直、いっちばん嬉しい効能です。

若い内は苦労は買ってでもしろ、とはよく言いますが、ADHDの人はその「怠惰」から何かにチャレンジすることに人一倍億劫なんですよね。

行動に移さなければ経験を積めず、いつまで経ってもおバカさんのまま。

今この記事を書いてること自体も、コンサータを飲まなければ更新しようという意欲さえ起きません。

「何もできない」は甘えでは?

それが分かっているなら、コンサータを服用せずとも行動に移せばいいじゃないか、と思うかもしれません。

はっきり言います、「何もできない」は甘えではありません。

ADHDの人は、「何かしなきゃ」と思っても、次の行動のアイデアが次々と浮かんで何から手をつけていいのかわからなくなるのです。

それでも試しに1つの行動をとってみても「ああこれの次に何をしよう、結局どうしよう」と考えがあちこちに飛んで混乱し、やる気がなくなるのです。

コンサータを飲むことによって、考えがクリアになり、思考がはっきりしました。数ある選択肢から、今すべきこと、やりたいことが浮き上がってきて、それを迷わず選択することができるようになりました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.