~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

感想 原作と合わせて観る「とある魔術の禁書目録Ⅲ」3期#24:浜面 VS むぎのん再々戦。躍動感ある戦闘シーン!黄金に染まる空。そして中条さん。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんばんは、hineです。

禁書ファンである僕がアニメ「とある魔術の禁書目録」第三期を最大限盛り上げていくため、その魅力を伝えるべく色々と語ります!

※この記事は「とある魔術の禁書目録」原作未読の方に配慮した内容となっています。

前回一方通行アクセラレータヒューズ=カザキリ後方のアックアの活躍によって、大天使神の力ガブリエルを退けることに成功したアニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」。

感想 原作と合わせて観る「とある魔術の禁書目録Ⅲ」3期#23:ヒューズ=カザキリと一方通行の共闘。アックアの決死の妨害。あのシーンのシュールさの謎に迫る。

第三期もあと3話。それぞれの主人公の行く末を見守りましょう。

打ち止めを助ける手段とは

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

出イケメン。

神の力ガブリエルとの戦いの余波を受けてしまった打ち止めラストオーダーちゃんとミサワちゃん。

ただでさえ消耗している打ち止めラストオーダーちゃんの容態を心配して彼女を抱きかかえます。

ワンカット目からわかったぜ……

今回は作画レベルが違うってなッ……!

作画監督さんによって絵柄が変わるのは仕方のないことだけれど、ちょっと話数によって差がありすぎて困っちゃいますね。せめて最終回はこの人に作監してほしいなとか思っちゃいますね。

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

そこへ消えかかってしまっているヒューズ=カザキリちゃんが声をかけました。

九月三○日。一通さんが木原数多と戦ったあの日。

かつて『ANGEL』というウィルスに侵された打ち止めラストオーダーちゃんを、インちゃんことインデックスが歌によって癒すということがありましたね。

その時の「歌のデータ」は治療を受けた打ち止めラストオーダーちゃんの頭の中に残っている。そして、書き換えるべきパラメータも一通さんはもう知っているはずだ、と言い残し消えてしまいます。

一通さんは羊皮紙を取り出し、書き換えるべきパラメータとはなんなのか考え始めました。

浜面仕上 VS 麦野沈利 再々戦

学園都市の爆撃の余波を受けた浜面は、滝壺を見失ってしまいました。

それらしき人物を見つけ引っ張り上げてみると……

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

ひぎええええゃあああああああああッッ!!!

©KADOKAWA 角川書店/大和田秀樹

浜面編だけホラー色が強いよ……

今までロシアでの困難を乗り越えてきた浜面。最期に待ち構えていたのは、地獄の淵から戻ってきたむぎのんでした。

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

能力の暴走を促す体晶。大量の劇物をバリボリと咀嚼すると……

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

うおおおおおお!!

 

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

原子崩しメルトダウナーの能力が暴走!!

 

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

やっぱアニメの能力使用シーンは映えるわぁ……!

効果音といい演出といいこのシーン圧巻ですよ……かっこよすぎる。

原子崩しのビーム照準が一点に集まっていくときの「ッヅ,ッヅ,ッヅォ,ッヅォドゥーンッ……!!」っていう効果音すき。(伝われ)

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

激突の結果、倒れたのはむぎのんでした。

浜面は引き金を引いていません。むぎのんは立つのもやっとな状態になるほど、体に負荷をかけてここまでやってきていたんですねー。

「だから、もうやめよう」
 命のやり取りを行った所で、得をするのは絶対に手の届かない所で爪を磨いているお歴々。何故、彼らの宝石や絵画の数を増やすためだけに、自分達が血で血を洗う闘争を行わなければならない。一体どんな理由があれば、一人ぼっちの女の子が怪物に作り上げられ、その女の子を怪物呼ばわりして銃口を向けなければならないのだ。
 だから、浜面は言う。
 ようやく、学園都市という巨大な『闇』が張り巡らせた精神的な鎖を完全に断ち切った浜面は、一人の人間として、ごく当たり前の事を口に出す。

もう、殺し合いなんてやめよう

(中略)
「だから、お前は絹旗に死ぬほど謝って、滝壺にも頭を下げて、フレンダの墓の前で涙を流して許しを乞え。そうしたら……」
 そこで、浜面は一度だけ言葉を切った。
 無能力者レベル0の不良が、足りない頭をフルに使って、伝えるべき言葉を紡ぎ出していく。

そうしたら、俺達はもう一度『アイテム』になれる。必ずなれる!!
鎌池和馬『とある魔術の禁書目録22』電撃文庫 2010 P58

むぎのんに対して銃口を向けることに対しずっと疑問を持ってきた浜面。

もう俺達が争うことはない、と。

こんな姿になっても、浜面はむぎのんを怪物ではなく一人の女の子として見ているんですよねー。大した胆力です。

和解(?)した二人は、次に来る学園都市からの刺客を迎え撃ちます。

上条当麻 VS 右方のフィアンマ

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

じゃんじゃじゃーん!!

なにこのコンビ癒されるわ……レッサー出てくるとアニメに華が加わりますなぁ。

ベツレヘムの星が浮上する時にちゃっかり張り付いていたレッサーちゃん。

脱出用装置を見つけサーシャちゃんに脱出を促すも「フィアンマに一泡吹かせるまでは帰らない」と断られます。

そんな二人の視界に、上条当麻右方のフィアンマが対峙する姿が!


警告、第二二章第一節。命名、『神よ、何故私を見捨てたのですかエリ・エリ・レマ・サバクタニ』――完全発動まで七秒

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

ああ、初めて原作を読んだ時から、ここの戦闘の映像化をどれだけ待ち望んだことか……!

幻想殺しイマジンブレイカーで防ぎきれない、規格外の魔術を次々と披露するフィアンマ。

一瞬で3000メートル後方に移動したり、学園都市の光学兵器衛星を片手間で破壊したりと、ほんと旧約のラスボスって感じの強者感がたまりません。

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

ここの演出とか作画とか素晴らしいっす!!!

これ、光線の攻撃を防いでいる最中に背後に回られた上条さんが、光線からの入射角をうまく調節し進路を曲げさせてフィアンマに当てようとしてるんですよね。光線を防ぎ切れないからこそ逆に利用しようとするわけです。

しかしフィアンマはその迫ってきた光線ごと削り取るように大剣を生み出し上条さんごと薙ぎ払い。

それをすんでの所でかわし、防戦一方の上条さん。

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

この歪んでしまった世界を救う」と、フィアンマの目的が明らかにされました。

ベツレヘムの星を浮上させ大天使を召喚したのは、世界の歪みを正し自分の持つ力を存分に振るえるようにするため。

第三次世界大戦を引き起こしたのは、人々の悪意を明確に浮彫りにするため。

フィアンマの言う「正しい力」がついに上条さんの右腕を刈り取ります!!

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

黄金に染まる世界。

ついに完成したフィアンマの右腕。その彼がいる場所として相応しいように、世界の方が彼に合わせて・・・・・・・・・・・変質しようとしているのですね。

黄金の空、その正体は莫大な天使の力テレズマ

もはや用済みとなった上条さんへ、容赦なく万全の力を振るい――そして。

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

幻想殺しイマジンブレイカーを失った右腕、その断面から発生した謎の力がフィアンマからの攻撃を阻み。

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

「『テメェ』がどこの誰かなんて知らねえ」
 決して大きな言葉ではない。
 にも拘らず、フィアンマの耳の奥まで突き刺さった。指先の動き、瞼の瞬きさえ見逃せば戦況に大きく関わると、彼の心が自分でも抑えられないほどの警告を発している。
「『テメェ』が何をやろうとしていたのかも知った事じゃねぇ」
 上条は、『神の右席』でも最強の力を持つ、右方のフィアンマを見ていなかった・・・・・・・
 彼が『何』に対して声を放っているのか、それすらも分からなかった。
「ただ」
 それは、上条当麻にしか理解できなかったのかもしれない。
 とにかく彼はこう告げた。

「……ここでは黙ってろ・・・・・・・・こいつは俺が片付ける・・・・・・・・・・
鎌池和馬『とある魔術の禁書目録22』電撃文庫 2010 P58

その力を、上条さん自身がその上から握り潰しました!!

第一期から見ている人は覚えているんじゃないでしょうか、上条さんは前にも一度右腕を失ったことがあります。

その時に出てきたのが竜王の顎ドラゴンストライク。その正体はアウレオルス・イザードの力によって生み出されたただの妄想・・・・・なのか、それとも特別な力が宿っているのか、謎のままだったんですが……

やっぱりなんか住んでました!!

これが俗に言う中の人、中条さんですね。

その力にフィアンマはもうビビりまくり。

上条さんは「今まで世界が滅亡に瀕したことなんてないのに、世界を救うだけの力があるかどうかなんてわからない」と主張。

お前だって世界を救う力があるなんて実感したことがあるのか」と問うフィアンマに上条さんは「あるに決まってるあだろ」と即答。

上条さんは今までの事件の中で、たくさんの人を救ってきました。その一人分の世界でなら、何度でも救ってきた実感はあると。

世界を『救ってやる』なんて思っているヤツに、この世界は守れない
 当たり前の事だった。
 そんな考えで動いていれば、上条だって全てを失っていただろうから。
 黄金の天空の下で。
 今まで何も手に入れてきた事もない、手を伸ばした事すらありえなかった孤独な男に向けて、上条当麻は静かにこう告げた。

そんな野郎に救われなければならないほど、俺達の世界は弱くなんかない
鎌池和馬『とある魔術の禁書目録22』電撃文庫 2010 P103

戦う理由は出揃った。フィアンマは万全の力を手に入れ、上条当麻も右腕を取り戻した。

果たして、最後に立っているのはどっちか。

尺都合の犠牲となったお二人 ステイルと美琴

フィアンマに奪われた遠隔制御装置によって操られたペンデックスと戦うステイル。

魔女狩りの王イノケンティウス三体召喚いつのまにかしてはるーッ!!

あ、いやアニメでは二体しか描かれていませんが……これ、元は三体召喚したんだけどペンデックスさんに一体破壊され、自らの体でその一体の穴を埋めようとしているんですよね。

尺都合による容赦ないカットの応酬がステイルを襲う!!

一瞬の隙を突いて炎剣で突っ込もうとするも……

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

そりゃ攻撃できんわ……

そんな純真無垢な表情を思い出しちゃったらね……

ということでこちらも防戦一方。ステイルの突破口は開かれるのか。

 

©2018 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

行間まるまるいっこ分カットされとるーッ!!

尺都合による容赦ないカットの応酬がみこっちゃんを襲う!!

核兵器の使用を阻止するべく軍隊に突っ込んだみこっちゃん。そこで超能力を存分に発揮し、一人で軍隊の部隊を相手取り勝利します。

ここの美琴ちゃんの活躍がカットされるとは思わなかったな。

アニメ映えする能力使用シーンであり、三期の数少ない活躍シーンだったのに。それだけ尺がないってことなんでしょうね。

みこっちゃんは航空機を使って上条さんのいる上空へ行けないかと提案。みこっちゃんは上条さんに会えるのか。

雑感と次回予告

大満足回であります。

いやめっちゃ作画良い。なにこれ。

戦闘シーンもちゃんと各キャラの駆け引きが描写されてるし。フィアンマ神々しいし。

このレベルを全話通してできるような予算と時間的余裕があればなぁと……

禁書において重要な意味を持つ回が、こんなに作画がきれいな回で本当に嬉しく思います!!

 

浜面はむぎのんとのバトルを追え、最後の戦いへ。

一通さんは打ち止めちゃんを救う手段は見つけられるのか。

そして上条さんは防戦一方のフィアンマに勝てるのか。

 

人には悪意だけじゃなく善意だってある。守りたい者のために戦い、祈り、立ち上がれる。そこに理由なんていらないんだ。

次回「」。科学と魔術が交差する時、物語は始まる――ッ!

25話でお会いしましょう、hine(@hine0612)でした!

この記事を書いている人 - WRITER -
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2019 All Rights Reserved.