~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

感想「とある魔術の禁書目録Ⅲ」3期#3を好きなだけ語りたい:今期初そげぶ!神の右席の最終目標とは?

2018/11/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんばんは、hineです。

禁書ファンである僕がアニメ「とある魔術の禁書目録」第三期を最大限盛り上げていくため、その魅力を伝えるべく色々と語ります!

※この記事は「とある魔術の禁書目録」原作未読の方に配慮した内容となっています。

 

新ヒロイン五和ちゃんが爆誕し、左方のテッラとの戦闘が始まった前回。今回はその戦闘の続きからですね。

上条さん&五和 VS 左方のテッラ

自身の武器、海軍用船上槍フリウリスピアを回収し、反撃に出る五和。いい動きですね。

しかし『優先』によって軽々と防御され、テッラの白い刃は上条さんの右手をすり抜け腹部に直撃します。

石壁を破壊するほどの威力を持つ刃の直撃を受けたのに、自分の体が切断されていないことを不思議に思う上条さん。

小麦粉……?

まさかその武器……『神の肉』に対応しているんじゃ……

普通に考えれば、『神の子』がただの人間に殺せるわけがありません。しかし『神の子』が人類の原罪を背負うためには、どうしてもここで殺される必要があった。

そのために行われたのが、つまり『只人』と『神の子』の優先順位の変更です。そう、『神の子』の神話を完成させるために用いられたこの秘儀こそが、私の術式、『光の処刑』なのですよ

 

どうでもいいけどテッラの顔アップ多くない……?

 

なるほど、アニメでは『神の子』の神話――すなわち『神の子』の処刑を例にしていることを明言せず、説明を簡略化していますね。原作での説明はこちら。

ミサでは葡萄酒は『神の血』、パンは『神の肉』として扱われます。そしてミサのモデルとなったイベントは、言うまでもなく『十字架を使った「神の子」の処刑』ですよねー?

『「神の子」は十字架に架けられた』……冷静に考えれば、ただの人間に『神の子』を殺せた、というのは普通ではありません。私でも難しいでしょうねー。しかし、神話は時として『優先順位』を変更します。例えば『神の子』が世界人類の『原罪』を背負うために、本来の順位を無視して『ただの人間』にあっさりと殺されてしまったように

『神の子』の神話を完成させるための秘儀……優先順位の変更。それこそが私の扱う唯一の術式『光の処刑』です。小麦粉を媒体とした刃物への任意変形はその副産物のようなものです。お分かりいただけましたでしょうかねえ?

あの術式の前では、強さや弱さなどが全て関係なくなってしまいます……!

あらゆる事象の優先順位を変更できるテッラの前では、力の強弱など関係ないということですね。

うーん、魔術サイドらしい「チート性能」。

今から10秒与えます。その間に策を練ってください。最も、そんなものがあればですけどねえ?

大サービスだな。10秒あれば、3つは策を思いつくぜ

残念だが、今のでお前は追いつめられた。次でチェックメイトだ。推論が確証へと変わっていると言っているんだよ

ここで土御門が颯爽登場!彼は既に何かに気付いているようです。

言ったよな。左方のテッラ。チェックメイトだって

銃と同時に魔術を行使しようとする土御門――と、その時!

駆動鎧パワードスーツがアビニョンの街を武力介入してきました。

もはや超電磁砲などで登場して顔なじみな感じの駆動鎧パワードスーツですが、禁書でまともに登場するのはこれが初でしたね。

……ッチ。余計なことを……

カミやん。俺たちも教皇庁宮殿に行くぞ

駆動鎧パワードスーツの相手を土御門に任せて、上条さんと五和は教皇庁宮殿へ向かい、C文書の破壊を最優先することに。

教皇庁宮殿に到着

学園都市が何をしたいのか、ここまで目立った行動をするのは何故なのか、情報を求める上条さんは連絡帳に登録しているある番号に電話をかけます。(その前に一度テレビ機能を見ようと試みますが、映らず)

御坂、今大丈夫か

アビニョンって街で、なんか起きてないか調べて欲しいんだけど

女の子の前でほかの女の子に電話してはる……ッ!!

どっかの宗教団体が、国際法に触れる特別破壊兵器を作ったとかで、学園都市も協力して、掃討作戦が行われるって……

何でも本来ならフランス政府が始末する所を、特殊技術関連のエキスパートが必要だからって、学園都市がかなり深く食い込んでるとかって話だけど。

学園都市はC文書の破壊のために、尤もらしい大義名分を掲げてフランスのアビニョンに武力行使をしかけてきたということです。科学サイドが魔術サイドへ直接的な形で武力行使を始めるというのは、やはり戦争が起こる前触れっぽいですね。

そこにC文書を回収した左方のテッラが再び登場。

一方駆動鎧パワードスーツの相手をしている土御門。

 

 

青キ木ノ札ヲ用イ我ガ身ヲ守レデクのボウどもせめてタテとしてヤクにタて!!

 

黒キ色ハ水ノ象徴さあおきろクソッたれども其ノ暴力ヲ持ッテ道ヲ開ケぜんぶこわしてゲラゲラわらうぞ!!

土御門の詠唱かっこいいよね……!

そのまま唱えても良い感じの文章を、土御門らしいルビの読み方でアレンジしてるとことかかっけーんすよね。

知りたいか。そのHsPS-15には、新型の自立型駆動補助装置が搭載されている。砂漠だろうが南極だろうが、機械の方が勝手に環境を調べて自動的にメンテナンスを行ってくれるものだ。だがそいつは、まだバグだらけの試作品なのさ。相反する条件入力を立て続けに受けると、自立プログラムがフリーズする。おまけに機体内のデータバンク機能も、無駄に充実しててな。おかげで律儀にバグまで伝線しちまうのさ。」

ええ……駆動鎧パワードスーツさんガバガバすぎませんか……?

(あと「一番アビニョンの歩き方を知ってるのは彼らだ」ってくらいの描写だったので、もうちょっとスムーズに動いてると思った)

ここは正直原作でも「えー、どゆことー?」って感じでしたが、アニメではまだ少し分かりやすくなってますね!!

例えば特定の条件がそろったルートを順番に辿っていくと、自動装置がエラーを起こししまうようなヤツだ

ともあれ、駆動鎧パワードスーツの無力化に成功した土御門。その上空を今度は爆撃機が通過します。

その爆撃機に乗っているのは……

ハッ。わずか三キログラムの砂鉄があれば、ユーラシア大陸をぶった切れる『地殻破断アースブレード』か。面白ェモンを作りやがる

第一位さん今期初登場です!!

おー『地殻破断アースブレード』さんの演出気合い入ってるゥー!!

変更だ。狙いは教皇庁宮殿だろ。先にそっちを集中攻撃しろ。オマエにゃみンな同じに見えるかもしれねェが、一口に悪つっても、種類や強弱が存在する

一流の悪党ってのはな、カタギの命は狙わねェんだよ

訳:一般人が可哀想だから攻撃すんのやめよ?

いやぁ『一流の悪党』に拘ってる一通さん、懐かしいですねぇー!!w

 

一方その頃、左方のテッラとの戦闘を再開する上条さん&五和。

何気にいちいち動きの作画が良いですよね。

(引き画やところどころの止め画の崩れは気になりますが……)

でも、ようやくボロを出してくれた

五和も何かに気付いたようです。

優先する。――天井を下位に、小麦粉を上位に

おっぱ……じゃなくて五和ァーッ!!

天井を落とすことで五和の槍を使用不能にし、その隙を突いた攻撃で五和が戦闘不能に。

天井さんが勝手に戻った!!

この場面、見ていて思わず笑っちゃったんですけど、役目を終えた天井さんがひとりでに戻っていきますね。原作では確かに天井がどうなったか描写はなかったけれど、まさかこうなっていようとは……!

幻想殺しイマジンブレイカー……多少は期待していたのですが、まさかここまで未完成とは。本来の性能を回復知れば、その魔術師を庇うくらいはできたはずなのに

本来の性能だと?

おやぁ、もしかして知らない?そんなわけありませんよねえ。本来ならば……

もしかして、知っていたはずのことを覚えてないとか?

テメェ!!

ちっくしょう。あいつのためにも、誰にも言わないって決めてここまで……!

……あ、インさん1話振りの登場お疲れ様です。

インデックスに記憶喪失であることを知られないためにも、ここまでひた隠しにしてきた上条さん。

そもそも前条さんは謎の多い人物でもありますが、今の上条さんは前条さんの正義漢っぷりを尊敬し誇りに思い行動している節がありますよね。

……のせられるな。優先。あの力の弱点を見つけられれば……

土御門や五和が『ある』と断言した『光の処刑』の弱点。上条さんはそれに気付けるのか。

上条さんのなけなしの所持金(特売セール後)がァーッ!!!

さすが機転の鬼、上条さんが気付けないわけがありません!

石材と財布を一緒に投げつけることによって、「一度に複数のものには効果を発揮できない」という弱点を見抜いた上条さん。

激化するバトル、そして動く作画!

(どうにもまだそげぶ音が慣れないなぁ……話が進むにつれて慣れてくるかしら)

 

テメェがここまでやる理由はなんだ……!街ひとつ巻き込んでまで、やる価値があんのかよ!?

私は知らなければならないのです。十字教の全ての最終目的――『神聖の国』。今の人類はそれに値するのか!?

テッラの戦う理由めっちゃ端折ってるゥー!

まあここの台詞確かに長いんですよね……。キャラクターの行動原理くらいはきちんと描写しておいてほしいところですが、ここも尺との関係で難しいのかもしれません。

長いので小さめに記載しておきます、興味がある方がお読みください。

「最後の審判ののちに神がその手で築いてくれるという王国ですよ。深い信仰によって研鑽した者のみが滞在を許される、永遠の救いという居場所。まことに素晴らしいとは思いませんか。私はそこを目指し、また同じように目指す方々のお手伝いをさせていただいていたんですがねー」

「しかし、ふと思ったのです。人はこの神聖の国で争いをしてしまわないのか、とね。たとえ神が完璧な王国を築き上げ、そこに正しい信仰を積んだ世界中の人々を呼び集めたところで、人々という『集団』は神の期待に応えられるものなんでしょうかねー」

「神は十字教を信じ抜いた者を『神聖の国』へ導くとあります。しかし、ローマ正教の中だけでも無数の派閥に分かれてしまっているんですよ。仮に神が『敬虔なローマ正教徒のみを選ぶ』という検索条件で救いを与えてしまった場合、この『神聖の国』へはローマ正教内にある派閥の問題がそのまま受け継がれてしまう事になってしまうんですねー」

「……神がどれだけ完璧な王国を築いた所で、その内部で人間が醜く分裂してしまえば意味がありませんよねー。完璧なはずの王国に、今まで通りの争いが入り込んでしまっては元も子もないんですよ。それは『永遠の救い』とは言えません」

救いが欲しいのですよ。そして救いを与えたい。神のプランが完璧であっても、我々人間が神の期待以下なら全てはご破算だ!だから私は知りたいのですよ!現状の人類は『神聖の国』で争いをしてしまわないのか。そしてもしもしてしまうのならば、審判の日までに皆をどのような方向に導き直せば良いのかをねえ!」

テメェの救いってその程度なのかよ!?ローマ正教が悪いって訳じゃねぇ。オルソラやアニェーゼを育てたローマ正教って教えがここまでズレてるとは思わない。テメェはそれ以前の問題だ。救いって言葉の意味が全く分かってねえんだよ、テメェは!ローマ正教の神様も、こんな争いを生むために教えを広めたわけじゃねぇだろうが!

勝手に救いの定義を決めつけて一人で満足するって言うなら

のふざけた想を、今すぐここでち壊す!!

そげぶキタ――(゚∀゚)――!!

この「救い」というワード、第三期の今後の戦いでも焦点の当たるワードですね。

まずは一発!

テッラは反撃に移るも、上条さんは余裕の表情。

(割と原作では差し迫ってたけど、アニメの上条さんは優秀ですね。)

人体は切れても、ショットガンは切れなかったみたいだな

咄嗟に足元にあったショットガンを拾い上げ盾にした上条さん。対テッラでの戦い方を完全に把握しています。

ほんと、融通の利かない力だぜ!

さらにもう一発!

尋ねないのですか?幻想殺しイマジンブレイカーについて……

知っているのか?

簡単な話ですよ。幻想殺しイマジンブレイカーの正体は……

学園都市「言わせねーよ」

突然頭上から降り注いだ火の雨――爆撃によって、テッラの言葉は遮られます。

すでに原作では正体が明かされた幻想殺しイマジンブレイカーの正体ですが、この時のテッラはどのことを言っていたのでしょうか?

「簡単な話」と言うからには、後に明かされた「あのこと」ではなく比較的早くに明かされた「あのこと」かな?

(ネタバレを回避して書いているのでわかりにくくてすみません。)

神の右席の最終目標――神上かみじょう

彼らは、神の右席を得た暁には、その力を持って天使から更に別の存在に進化できる。そう信じているようです

La persona superiore Dio」(イタリア語。和訳で「神を超えた存在」)

神上かみじょう、と

『光の処刑』の調整のために、異教徒の人間を実験動物として使っていたテッラ。それを知った後方のアックアはテッラを粛正します。

そして、「記憶を失っている」というテッラと上条さんの会話を携帯電話を通じて知ってしまった美琴。

彼女の心境やいかに……?

雑感

これにて第14巻の内容、フランスのアビニョン編が終わりました!予想通り、3話でまとめてきましたね。

尺の都合による説明や台詞カットはもちろんありましたが、取り立てて大きな作画の崩れはなかったですね!(……あっても許容範囲でしたね!動くべき場面ではちゃんと動いてくれてた印象はあります。アニメレールガンのような全編通したキレイな作画を求めるのはちょっと酷かなと感じております。

動く可愛い五和が見れたし久々のそげぶを聞けたし、僕としては満足しております。っていうか、第三期の見せ場はこんなとこじゃないですからね!

次からは第15巻、学園都市暗部編に入りますね。こここそ第三期の見せ場のひとつなので、多いに期待したいところです!

あ、最後に気絶してる五和ちゃんと、炎の中の一通さんを見て唖然としている五和ちゃん置いておきますね。では!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.