~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

感想「とある魔術の禁書目録Ⅲ」3期#8を好きなだけ語りたい:聖人に聖人崩しに聖人尽くし!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。
スポンサーリンク

こんばんは、hineです。

禁書ファンである僕がアニメ「とある魔術の禁書目録」第三期を最大限盛り上げていくため、その魅力を伝えるべく色々と語ります!

※この記事は「とある魔術の禁書目録」原作未読の方に配慮した内容となっています。

 

ねーちん来た!これで勝つる!!

今回は良い引きで終わりましたね!アニメとある魔術の禁書目録Ⅲ。

前回後方のアックアに惨敗を喫した上条さんと天草式の面々。

感想「とある魔術の禁書目録Ⅲ」3期#7を好きなだけ語りたい:インデックスの可愛さに震える。アックア編スタート!

第8話は上条さんが運ばれた病院で、天草式が話し合うシーンから始まります。

敗北から立ち上がる者達(原作16巻第二章より)

で、お前さんはそこで何を蹲ってんのよ

後方のアックアから上条さんを守れなかった五和。彼女の懺悔が始まります。

私、何の役にも立たなかったのに……ありがとうって言ってくれて……少しも守ることができなかったのに、ありがとうって……

私、あの人のことなんて凄い力を持っているんだろうって思ってました。でも違ったんですよ。あの人はどんな防御術式にも頼れない。どんな回復魔術でも掠り傷ひとつ治せない。本当に体一つで戦っていたあの人を、私は見殺しにしたんですよ

そんな人間が、なんでのうのうと生きてるんですか。なんで天罰が降り注がないんですか。こんなのおかしい!

一つの言葉の中で強弱が曖昧に揺れる。それは相談であり、独り言であり、懺悔であり、八つ当たりであり、負け犬の泣き言であり、猛獣が放つ咆哮でもあった。(第16巻P120より)

涙を流し嗚咽交じりの五和に、天草式の教皇代理の建宮が喝を入れます。

(アニメで涙の描写なかったけどなんでだろう?)

こんな女を助けるためにあいつは体を張ったのか。ボロボロになった命の恩人を前にして動こうともしない。そんな女のためにあいつは命を投げ出したっていうのか。だとしたらそいつは犬死にってやつなのよ。正真正銘の犬死にだ!

まだ可能性が残っているのにそいつをつまんねー後悔や罪悪感で捨てちまうのか。自分の都合で他人の人生を投げ捨てるんじゃないってのよ!

あいつに謝りたいか。あんな風にしちまった守るべき者をもう一度陽だまりの中に返したいか。だったら戦え。お前さんが最高にいい女であることを証明して、こんな奴のために命を張って良かったって思わせてやれ

いやー言う時は言う男、建宮さんかっこいいっす!

当然護衛対象を守れなかった責任を感じているのは五和だけではありません。他の天草式だって同じです。

それでも前を向こうと仲間を奮起させる建宮は立派な教皇代理ですね。

一方ローマ教皇と通話していたアックアの元に学園都市からの尖兵、無人駆動鎧パワードスーツが奇襲をしかけます。

ちなみにですが、さすがに科学の総本山の中で携帯を使用しては傍受されてしまうということで、通信魔術で通話を行っていますね。

まあ、粗大ごみは月曜日と金曜日でございますよ

ええっ、粗大ごみの回収が週に2回も!?

……じゃなくて。一方、後方のアックアについての情報を調べていたオルソラ。「後方のアックアを名乗る前はイギリスの騎士であった」という証言から、騎士に選ばれた者が用意する盾の紋章エスカッシャンについての意見を専門家に聞くため、紋章に詳しいシェリー=クロムウェルに電話をかけているわけですね。

対アックア戦に向けて、武器の補強を行う天草式。普段は『隠し持つ』ことを目的としている武器ですが、今回の戦闘ではそうする意味がないので、そのリミッターを解除しています。

三時間ほど待ってください。怪物用に刃を研ぎ直すのに、ちょっと時間がかかりますから。……任せておいてください。あいつの攻撃を直に受けたんですから、どれくらいの得物があれば手際よくヤレるかは分かっています

私は大丈夫です。――ちょっと集中させてもらえますか?

五和の変なスイッチ入ってる……!

「焚き付けすぎたか」と五和の乙女パワーにビビる建宮の元に着信が。

うわあオルソラ嬢!その声すごく癒されるのよーっ!!

オルソラの声癒されるよね……わかる、わかるで建宮殿。そりゃ遠藤綾さんだもの。

アックアについての情報を語るオルソラ。その戦歴はどれも悪夢と譬えるべき戦場ばかり。そして、一部では賢者とも呼ばれているといいます。

まさに強敵、いや難敵とも言える後方のアックア。そんな相手に、どう立ち向かうのか。

天草式は決死の覚悟の上で、再び戦場に舞い戻ります。

天草式十字凄教 VS 後方のアックア

私は証明するのである。勝負は善悪ではなく、強弱によって決定するものだということを。せめて、私の切り札のひとつくらい――

まだアックアさんが話してる途中でしょうが!!

話なら後で聞いてあげますよ。さんざんさんざん、グチャグチャのグチャにぶちのめした後に、まだ顎が砕けてなかったの話ですけどね!

殺意を抑えきれず突貫した五和。

そうだよこれだよ!僕が聴きたかった五和はこの低く抑えられたかやのんボイスよ!

五和の野郎、カンペキに弾けちゃっていますが……!

ほら教皇代理が『最高に良い女であること』とか不用意に言うから、五和もうヲンナゴコロ全開じゃないすか!

……馬鹿ね。恋する女は神様を敵に回せるのよ

この対馬さんのセリフくっさいけど好き。(でも原作通りの「神様だって敵に回せる」の言い回しのほうが好き)

私たちはたとえ肉片の一つになってでも、あなたを徹底的に、メチャメチャのメチャにブチのめして、自分のしたことを後悔させてあげますから!

ええ!!そこまですんのーっ!?

完全にギャグ要員だこれーッ!!

ここの天草式のツッコミをカットしなかった制作陣、グッジョブです!

この槍には、樹脂を一五○○ほど重ねてコートしてあります。表現するのは樹木の年輪。隠れた術式の正体は『植物の持つ繁殖力』!

この短時間で天草式は新たな術式を複数用意してきました。この対応力こそが天草式の真骨頂。

この短時間でよく備えたものである。それよりも驚くべきは、私の速度に遅れながらもついてきたこと

互いの運動能力を増強し合っているというわけか。まるで聖人との戦い方を知っているようである

何故だ、と疑問を感じたアックアは、直後にその正体を看破する。

五○人近い天草式のメンバーの動きには、一定の規則性がある。単に効率的な戦闘を行うための布陣とはまた違う、一種独特の規則性が。五和を中心にしたと思えば他へ中心が移り、中心を探せば全体へ散って中心そのものがなくなり、そして中心そのものを意識から外した途端に再び五和へ中心点が戻る。一つの組織の中を『中心』という生き物がヌルリと移動していくような、奇妙な感覚だった。(P161より)

ここは原作の小説だからこそ成せる表現だったかー。まあこんなアニメ表現の難しそうな天草式の戦い方はさすがに描写できなかったみたいですね。

天草式の連携シーン。

うーむ、アックアの攻撃が軽い感じに見えてしまうのは高望みのしすぎだろうか。

続いて、天草式全員の指先から放たれた極細の鋼糸ワイヤーが襲い掛かり――

隠れた術式の正体は『殺人に対する罰』。鋼糸ワイヤーを一個人の生命線と再定義し、破壊した者に罰を与える術式です。これは古今東西、あらゆる文化圏に共通する宗教観を利用していて――つまり、どんな文化圏の防御術式でも防ぐことはできない、『負の怨嗟』を意味しています

私の特性は『神の力ガブリエル』。聖母崇拝の秘儀をある程度行使することができる。あらゆる罪と悪に対する罰則などの制約行為は、私に対して意味を失くす

この攻撃も難なく防がれてしまいます。

聖母の慈悲」――つまり、「厳罰に対する減衰」を特性とするアックアに、『殺人に対する罰』によってダメージを与える術式は効きませんでした。

それを確認した天草式は一旦退避、舞台は第三階層から第四階層の天井スクリーンの上へ移ります。

さっきからアックアさんの話全然聞いてもらえてないね……

体勢を整え直した天草式は、全員でアックアへ襲い掛かります。

おおっ!

五和の戦闘描写かっけー!!(吹き飛ばされる他に目を背けながら)

足元の模様がアックアの移動術式を阻害。

五和が受けていたアックアの攻撃は、衝撃波となって足場のスクリーンをも引き裂いていました。五和はその余波を利用して、足元に妨害術式を組んでいたのですね!

天草式十字凄教は、日用品から魔術的記号を回収・再構築して術式を作り上げる。その足元の紋様であなたの移動術式を阻害させてもらいました

僅かにできた一瞬の隙を、五和は見逃しません。

喰らいなさい!――聖人崩し!!

天草式が編み出した『聖人を倒すためだけに存在する』専用特殊攻撃術式。

かつて聖人が所属していた天草式だからこそ編み出し得たその術式は――だが!

良い術式である。私がただの聖人であれば、ここでやられていたかもしれないのである

アックアを穿つには至りませんでした!強キャラ感強すぎるでこの人!!

アックアの反撃に第四階層の地面へ叩きつけられる五和。

五和の衣服が一枚なくなっているのは作画ミスではなく、衣服を身代わりにすることでダメージを軽減する術式によるものです!

とどめを刺そうとするアックアは……

……なるほど

ある殺気に気付き、翻していきます。アックアが向かった先にいたのは――

どうやら私は自分で思っていたよりもずっと幼稚な人間だったようです。彼らが蹴散らされる様子をまざまざと見せつけられたせいでしょうか。いけませんね、こんな魔法名を背負っているのに。怒りは七つの罪の一つだと、そう教えられたはずなのに。ぐだぐだと悩むのはやめましょう。彼らの決意を無駄にはしない、それだけで十分です

ねーちんキタ――(゚∀゚)――!!

ジャケット羽織ってる姿もイメージが変わってかっけーっすなぁ……

天草式の仲間を傷つけられたことを、静かに怒る神裂ねーちん。

正真正銘の怪物同士、聖人の戦いが始まります。

唯閃!

うおおお動く動く!!

単なる武器の打ち合いの最中に、水柱による攻撃とそれに応じる『七閃』による防御が展開されています。

そして五和も使っていた阻害術式によってアックアの足を奪います。

気付いたでしょうか?よく見ると、アックアの頬に傷がついてます!

血をたらりと垂らしてくれたりするともう少しわかりやすかったと思うのですが……。

天草式の面々が何度攻撃してもアックアを傷つけることは叶わなかった。それを神裂ねーちんは邂逅一発でこなしてみせるという、聖人のレベルの違いがわかるシーンであります。

それだけの力を自覚しておきながら、ただの高校生に容赦なく振りかざすような者に。たとえ聖人であろうと、誰かを見下すような資格は有りません

それは、以前の自分を戒めるような言葉でもありました。(棚上式って言ったの誰だ!)

ここの回想カットをしっかり入れてくれるスタッフありがとう!!ありがとう!!!

見せてみろ、極東の聖人!口先だけの言葉ではない、その刃に籠めた理由を、ただ無言のままに示して見せろ!

雑感とCパート

うおおおおおいいところで終わるんだからもう!!!

今回も割と戦闘描写頑張ってるんじゃないですか!?

いやー正直わかってましたよ、この16巻の複雑な戦闘描写を全部あますところなくこなすことは無理だろうなーって。でもgif画像で紹介した通り、要所要所のシーンはかっこよかったっす!!

作画の崩れも全然見当たらなかったし、アックアの攻撃の音の軽さは気になったものの、強キャラ感はばっちり演出できてます!

あとタイトルの聖人崩し、これの演出もよかった!まさに原作通り、イメージ通りのエフェクトですよ!

そしてねーちんの活躍!!いつ振り?あれ、マジでいつ振り……?

もしかして御使堕しエンゼルフォールの対『神の力ガブリエル』以来の戦闘での活躍!?あ、いや本編以外も含めればエンデュミオンで宇宙遊泳してましたね……。

そして病室で目を覚ます上条さん!(寝息だけでギャラ発生だよ、やったねゆかちー!

ふらふらの状態で再び戦場に向かう上条さん、果たしてこの先どうなるのか――!?

第9話も乞うご期待ですね!!hine(@hine0612)でした!

補習Q&A

Q1.水道管にこんな文字が記してあって爆発してたけど、これはなに?

A1.それは「水のルーン」ですね。基本とされる魔術ですが、これもアックアの「聖母崇拝」による制約の免除によって使用が可能になっています。前回の『人払い』の魔術もこれと同じことなのですよー。

Q2.今回五和がすごく頑張ってたけど、他の天草式は何をしてたんだ

A2.五和さんばかり頑張ってたように見えますが、こっそり天草式も援護に回っています。五和さんがアックアの攻撃を遅れながらも対処できるようなったのも、天草式全員で全員の運動能力を補強してこそ叶うことだったんですよー。本命の「聖人崩し」も天草式全員がいなくては成し得ない技なのですよー。

Q3.聖人崩しってなに?

A3.そもそも聖人とは、『神の子』と身体的特徴が似ているが故に、偶像崇拝の理論によって『神の子』と同種の力を引き出せる才能を持つ人間のことです。聖人崩しは、その『神の子に似た身体的特徴』のバランスを崩してしまうことによって、聖人としての力を封じ、引いてはその自爆を促す特殊術式なのですよー。『神の子の処刑』をモチーフとしているので、『槍』を武器とする五和さんがいてこそ発動できる合わせ技ですね。

(だ、駄目だ。まだ笑うな……こらえるんだ……し、しかし……)

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2018 All Rights Reserved.