~ADHD上等!プロットが書けないワナビの奮闘記~

タイトルから勝手にあらすじ予想② 第27回電撃小説大賞 3次選考通過作品

 

この記事を書いている人 - WRITER -
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

どうも、筆者です!

この記事は電撃小説大賞の選考通過作品のタイトルを見て、そこから勝手にあらすじを予想してみようという思考遊びをするものです。

思いついたあらすじを書くだけだったり、タイトルに関する考察だったりもします。

※順番は公式サイトの掲載順に準拠します。
※実際の作品、作者様とは何も関係ない妄想です。

 

タイトルから勝手にあらすじ予想

  • 語部螺旋『水戸姫乃の絶対領域』
    可憐な目元、つぶらな瞳にすらっと華奢な体躯。水戸姫乃はクラスで一番の美人である、と噂されている。
    噂されているという言い方なのは、実は誰も彼女の素顔を見たことがないからだ。なぜなら、彼女はいついかなる時でも絶対にマスクを外さない。
    そう、彼女が絶対に他人には見せない領域――絶対領域を見るため、僕は行動を開始する。
    主人公は彼女とキスする時にマスクを外してくれることを期待して、水戸姫乃と恋仲になれるよう頑張るお話。

 

  • 山本夢路『幾千もの夏を超えて』
    不良児であるAは、僕の高校の一番の問題児だ。他校との喧嘩、タバコに飲酒、軽犯罪なんかもやるらしい。
    陰キャグループに属する僕とは全く生きる世界が違うAだが、しかし僕らは幼い頃よく一緒にゲームをして遊んでいた。
    なかでも一番ハマったのは『ぼくのなつやすみ』。僕が持っていたそのゲームをAはよく借りて遊んでいた。
    数千回と繰り返したあの夏を、また僕らは一緒に過ごせるだろうか。再び僕とAが仲良くなるまでの友情物語。

 

  • 三島寅太郎『ログイン ザ レゾンデートル』
    「――ようこそ、レゾンデートルへ。」
    ここは存在証明できない者は生き続けることができない世界。
    そんな世界に迷い込んだ「自分を持たない」主人公は、その世界に住む確固たる自分を持ったキャラクターと接する中で、自らを客観視し、学び、感じる。
    「生きていることを証明できなければ、死んでるのと同じなのかな」と言ったのは、さてどのゲームのキャラクターだったか。

 

  • 文月あかり『魔法の国のお菓子屋さん~見習い和菓子職人は魔女から国を守る~』
    長めのタイトルだと想像しやすいと思いきや、設定が限定されるから何気にむずい。
    魔法が存在する国なのに作るのは和菓子なのか…国を脅かす存在の魔女が和菓子好きで彼女らを宥めるために和菓子職人たちが頑張るお話。
    主人公ちゃんが作るうさぎを模した和菓子を一人の魔女ちゃんがいたく気に入ったため、主人公ちゃんは魔女の城に通され専属の和菓子職人になる。
    魔女の城で日々研鑽を磨く主人公ちゃんが立派な和菓子職人になるまでの物語。

 

  • 四季大雅『夜見霧めくるはめくらせない』
    教室の右前方、壁にかかった時計の下にそれはある。日めくりカレンダーだ。
    日々1日ずつめくれていくそれの存在に疑問を感じたことはなかったが、今まで誰がめくっていたのかということは考えたこともなかった。
    ある日早朝教室についた主人公は、今日の分がまだめくられていないことに気づき、何気なく日めくりカレンダーを1日めくる。
    その瞬間、後ろでごとりという音。振り向くと、クラスメイトの夜見霧めくるが驚きと悲嘆の表情でカバンを落とすところだった。
    めくるに叱責されたことからムキになった主人公は、そこから”どちらが先にめくれるか”という彼女との日めくり勝負を開始する。

 

3次選考まで通過できた作品たちですから、やはり面白いものも多いのでしょうね。
どんな内容なのか、気になります。

あ、そういえば最近京アニの『氷菓』を見直しました。
もう、本当に神アニメ。

創作意欲が刺激される一方、自分との才能の差というものも感じざるを得ない作品でした。

そんなこんなで、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
職業物書きを目指すワナビ兼アニメオタクです。 企業に依存しない生き方を目指します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ADHDでも小説が書きたい! , 2020 All Rights Reserved.